経験しなければわからない大変さ

看護師は、病院勤務になると夜勤があります。夜勤は、体調を崩しやすくなります。夜勤は、収入に関しては手当が出ますがその手当は金額にしたら満足のいかないものかも知れません。
夜勤は、生活が逆転の生活になります。体が慣れないことがあります。看護師は、人材不足になっています。多くの看護師が夜勤を行っています。夜勤があるため、看護師は体調を崩してしまい辞めていく看護師もいます。新人は、業務に慣れていないためしばらくは夜勤がありません。業務に慣れてくると夜勤のシフトが組まれることになります。夜勤では、通常2人の看護師で、40人くらいの患者を観る事になります。寝たきりの患者では、起き上がると骨折や頭を打って死亡に繋がることになります。患者を常に見ていく必要があります。このように夜勤でも気が抜けないのが現実になります。患者さんを寝ている中異常がないかどうかを見る必要があります。また、夜勤でも救急患者の対応も必要になります。救急患者の対応の他にナースコールが鳴ると対応しなければなりません。看護師は、夜勤でもなかなか仮眠が取れないのが現実になります。このように忙しく看護師は、毎日仕事に追われています。これ以外にも看護師は事務仕事があります。患者さんのカルテの整理などを行う仕事があります。看護師は、このように夜勤の仕事はとても忙しくなっています。夜勤は、経験しないとわからないと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です